離婚 夫の不貞慰謝料

 

高収入男性専門のお見合いパーティーも!

慰謝料

慰謝料の損害賠償請求は、どんなことであれ精神的苦痛を強いられたと感じたのなら、そのダメージの大きさと相手の支払い能力に応じて請求できます。


つまり、簡単に言いますと、
精神的苦痛を与えた者に対する損害賠償請求が、慰謝料なのです。


慰謝料~夫の不貞の場合用

慰謝料請求の時効は、離婚から3年でして、
慰謝料の算定方法は、基本的に、離婚の原因の所在、
責任の割合、
婚姻期間に築いた財産などを考慮して決められます。

 

慰謝料については、請求の時効の離婚から3年間の間に
財産分与と同じく、
法律家に相談し、じっくり考えて請求することも可能です。

 

婚姻関係においての精神的苦痛は、大きく分けて3つあります。

 

 

「悪意の遺棄」=借金の滞納や生活費を入れないなど
「精神的虐待・暴力(DV)」
「不貞」

 

です。

 

このうち、「不貞」の場合は、
夫と愛人を同時に訴えることが多いです。
しかし、その場合、夫と愛人の2人が、結託して、慰謝料額を低く
抑えようと応戦してくることも、あり得ます。

 

ですから、まずは、愛人だけを訴えます。

 

また、彼らが
別れているならなおさら個別に訴えたほうがいいでしょう。

 

その結果夫・愛人のセットで300万円もらえればよいほう
と言われていたのに、ひとりにつき
300万円を請求できた例もあります。

 

訴える順番やタイミングは、
弁護士に相談し、適切な時に訴えた方がいいでしょう。

慰謝料~夫の不貞の場合|離婚準備(お金篇)|離活(離婚活動)のはじめ方エントリー一覧

離婚でどうなる!? 住宅ローン

任意売却 離婚版

↑ 離婚に伴う住宅ローンの疑問やお悩みは「全国個人再生支援機構」 へ ↑

*免責事項

(あくまでも自己責任で行なってください。
 当サイトの情報通り行なって、何らかの損害が発生しましても
              当サイトの管理人には一切責任は有りません。)